キングダム

【キングダム】王騎は史実で実在したの?モデルの正体や功績まとめ!

 

漫画『キングダム』の作中で屈指の人気を誇るキャラクター王騎(おうき)。

主人公・信に最も影響を与え、物語のカギを握る超重要人物として描かれています。
 
 
「天下の大将軍」「秦国の怪鳥」と呼ばれ、その強さとカリスマ性は多くの読者を魅了していますね。

その人気はすさまじく、ヤングジャンプでの人気キャラクターランキングでも常に上位に入ってくるほどです。
 
 
そこで今回の記事では、そんな大人気キャラクター王騎について、史実で実在したのかどうか、モデルとなった人物の正体、史実に残した功績について紹介させていただきます。

 

【キングダム】王騎は史実で実在したの?

出典:https://note.com/

マンガ『キングダム』は、中国の歴史書『史記』をもとに、作者の原泰久氏が壮大で奥深いアレンジを加えた歴史ファンタジー作品です。

そのため、もとになった中国の歴史書『史記』に登場する人物もいれば、完全なオリジナルキャラクターの人物も登場します。
 
 
『キングダム』を読んでいると、登場するキャラクターがみんな魅力的で、敵・味方限らずいろんなキャラクターについて詳しく知りたくなってきますよね。

特に、大人気キャラクターである王騎は、沢山の読者が注目しているのではないでしょうか。
 
 
まず、一番初めに読者が知りたくなることは、

王騎は史実でも実在したのか、それとも作者のオリジナルキャラクターなのか?

という点だと思います。
 
 
王騎は、もとになった中国の歴史書『史記』にもその活躍が記載されています。

つまり、王騎は史実でも実在する人物ということになります。
 
 
しかし、中国の歴史書『史記』と漫画『キングダム』では王騎に関して記述がちょっとだけ違う部分があります。

『キングダム』では、王騎。『史記』では王齮。「き」の部分の漢字が違いますね。

『キングダム』の王騎のモデルの正体は、『史記』に記述がある王齮ということになります。
 
 
ではなぜ、作者の原泰久氏は「き」の部分をもとになった『史記』の記述とは違う漢字を使ったのでしょうか?

 

【キングダム】王騎のモデルの正体は王齮!なぜ違う漢字なの?

出典:https://archive.mensnonno.jp/

『キングダム』に登場する王騎は、中国の歴史書『史記』に記述がある王齮がモデルの正体です。

作者の原先生がなぜ違う漢字を使用して『キングダム』を書いてきたのか、これについては明確に意図がわかる情報は公開されていません。
 
 
しかし、ネット上では、

王齮の「齮」という漢字について、作者の原先生が常用漢字ではなく読者になじみづらいと考え、「騎兵」などでよく使われていてなじみやすい「騎」に変更したのではないか

と言われています。
 
 
ヤングジャンプで連載される漫画ともなれば、いろんなメディアで取り上げられ、様々な読者に注目されるでしょう。

常用漢字に変更した方が、いろいろと便利になり、スムーズに話が運ぶ場面は多くなりそうです。

作者の原先生が様々な方面に配慮した結果、王騎という漢字を使うことになったのかもしれませんね!
 
 
そんな王騎は、史実での活躍や残した功績はどのようなものだったのでしょうか?

 

【キングダム】史実の王騎はどんな功績を残したの?

出典:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

『キングダム』の作中で大活躍し、多くの読者を魅了する王騎ですが、もとになった中国の歴史書『史記』には、実はあまり登場しません。

王騎に関するそもそもの記述が少なく、たいして功績のようなことは書かれていないのです!
 
 
しかし、作者の原先生は、イマジネーションを駆使し、情報が少ないことを逆手にとって、オリジナリティーが溢れる作品を生み出しています。

漫画『キングダム』は、豊かな想像力を生かして、歴史に独自のアレンジを加えていき壮大なスケールの物語になっていくのが魅力ですよね。

史実にはほとんど記述がない人物も、原先生のアレンジによって『キングダム』の作中でものすごい功績を残すことが出来るんですね!
 
 
作者の原先生の想像力豊かなアレンジが最もハマったキャラクターこそ、王騎だったかもしれませんね!

 

まとめ

出典:https://prcm.jp/

漫画『キングダム』に登場する大人気キャラクター王騎について、史実で実在したのか、モデルの正体との漢字の違い、史実で王騎が残した功績について紹介しました。
 
 
史実に実在し漫画『キングダム』で大活躍する王騎将軍。

そのモデルとなった人物の正体は、中国の歴史書『史記』に登場する王齮です。

『史記』には記述が少なく功績などの情報はあまりないですが、作者の原先生のアレンジにより、『キングダム』を代表する大人気キャラクターに生まれ変わりました。
 
 
これからも続いていく『キングダム』をどんな形で盛り上げてくれるのか、今後の王騎に注目ですね。