キングダム

【キングダム】最強の武将は史実では誰?王翦(おうせん)・李信・王騎・龐煖(ほうけん)を考察

 

漫画『キングダム』では六大将軍、三大天、魏火龍など様々な武将が魅力的に描かれていますね。

誰もが「最強は誰なのか?」と一度はお考えになったのではないでしょうか?

 

【キングダム】最強武将は誰なのか?

出典:https://ciatr.jp

「最強」といっても色々な切り口がありますので、今回は【史実】においての最強の武将を考察していきます。
 
 
「史実においてどんな功績を残しているのか?」「中華に大きな影響を与える戦いに参戦したのか?」「敗北しなかったのか?」などの要素で見ていきましょう。

さすがに現実世界では作中のように1人で何10人もなぎ倒すことはできないでしょうから、指揮官としての活躍が重視されてきます。
 
 
今回は作中でも最強候補と言えるであろう4武将で考えていきましょう。

 

王翦(おうせん)

出典:http://www.saikyo-jump.com/

まず初めに候補に挙げたい武将は王翦(おうせん)です。

原作では必ず勝つ戦いしかしない、軍略に優れた武将として描かれています。

これまでも敗北描写は一切なく、常に結果を見通しているようなキャラクターですね。

史実での功績

王翦は史実での戦果にすさまじく、原作同様負け知らずの武将でした。

主な功績としては

・趙国を滅ぼす
・楚国を滅ぼす
・燕国に大勝する(その後李信が滅ぼす)

など戦国七雄のうち2国は王翦侵攻によって滅亡しています。

その2国も趙と楚という強国であり、燕国についても大打撃を与えていることからも圧倒的な実績といえるでしょう。

 

李信

出典:https://fika-fika.net/

『キングダム』の主人公、信のモデルとなった武将ですね。

作中では主人公ということもあり様々な武将を打ち取っていますが、まだ大将軍として大軍の指揮は任されていません。

今後の活躍に期待ですね。

史実での功績

李信の一番の功績は戦国七雄の一角、燕国を滅ぼしたことです。

燕国は荊軻を使って始皇帝を暗殺しようとしたため、秦の怒りを買ってしまいます。

そんな背景の中、燕国攻めを任された李信は始皇帝からの信任も厚かったのかもしれません。
 
 
加えて、李信は斉国攻めにも主力の1人として参戦しています。

当時は斉国以外の国は秦に滅ぼされていましたので、戦力差は圧倒的でしたが、中華統一の仕上げに立ち会ったこともポイントでしょう。
 
 
一方で、李信は楚国攻めで歴史的な大敗を喫しています。

20万の兵がほとんど討ち果たされるような有様ですので、この点は大きなマイナスになるでしょう。

 

王騎

出典:https://bkyumovie.com/

作中では武力、知略共に最強クラスの武将として描かれている王騎。

政に忠誠を誓い、これから秦の大黒柱として活躍しようという中、李牧に討たれてしまいます。

敗戦濃厚な中での奮闘も物凄く、最終的には敗北するものの、大物ぶりは最期まで健在でした。

史実での功績

実は史実において王騎はほとんど登場しません。

始皇帝が即位後、蒙驁・麃公らと共に将軍に任じられる、という記載がある程度です。

王齕(おうこつ)と同一人物という説もあるなど、史実の姿は謎に包まれています。

今回の「史実において」の最強武将という観点では、残念ながら外さざる得ないでしょう。

 

龐煖(ほうけん)

出典:https://renote.jp

王騎以上の武力を誇る武神として描かれている龐煖。

対趙国戦では、どんな戦況も龐煖でひっくり返るのではないかと思えるくらいのジョーカーっぷりを発揮しています。

一方で戦略とは一切無縁で、感情が赴くままに戦っている印象ですね。

史実ではどのような活躍をした人物なのでしょうか?

史実での功績

史実での龐煖は作中とは大きく異なります。

趙王に政治について説くなど、武人というよりも兵家、哲学者として名を残している人物です。
 
 
龐煖は晩年に将軍として抜擢をされており、燕国の劇辛を討つなど活躍をしています。

また、合従軍を率いて蕞を攻めたことも史実であり、戦国四君の春申君と同格の役割とみることもできます。

しかし、蕞では敗退をするなど、秦に大勝した記述は残念ながらありませんでした。
 
 
文武ともに優れた人物であり、仕えた先が趙でなければその戦歴も変わっていたかもしれませんね。

考察まとめ

出典:https://comic-info.jp/

作中でも活躍している4武将についてまとめてみました。

彼らが歴史上で互いに戦ったことはありませんので、「最強武将」は想像の世界にはなります。
 
 
「史実」という観点だと、わかりやすい実績のある王翦が頭一つ抜けているのではないでしょうか。

加えて、息子の王賁も魏国、燕国、斉国を攻める際の主力であることからも、見方を変えれば王一族が中華を統一したとも言えるかもしれません。
 
 
今回挙げた4名以外にも春秋戦国時代には無敗将軍「白起」や楚の大将軍「項燕」、傾国の趙を支えた「李牧」など魅力的な武将がたくさんいます。

「誰が最強なのか?」と想像を膨らませながら読むのも楽しみの一つかもしれませんね。