キングダム

【キングダム】合従軍全体&各国の総大将一覧!主要キャラや将軍もまとめて紹介!

 

『キングダム』中盤の大きなエピソードである「合従軍編」。

「秦VS戦国七雄5カ国」という絶望的な展開や各国の主力が勢ぞろいした布陣は壮観でしたね。

史実ではこの戦いが最後の合従軍ですので、今後ここまで多くの国が集まる戦争はないでしょう。
 
 
今回はそんな合従軍側で登場した武将をまとめて紹介していきます。

 

【キングダム】合従軍ってどうなっているの?全体についてまとめ

出典:https://ameblo.jp/

はじめに合従軍の全体感についてご紹介です。

今回の合従軍が組織された背景は、「増長する秦を滅ぼすため」です。

李牧の「秦が滅びるまで戦い続ける」という意思表明は迫力がありましたね。
 
 
合従軍の組成にあたっては李牧が主導していましたが、各国の曲者たちをまとめるためには相応の「格」が必要でした。

そこで総大将は「戦国四君」最後の1人である、楚国の春申君が務めることとなります。

李牧は参謀として、現場の総指揮にあたる立場に収まりました。

その指揮のもと、「趙」「楚」「魏」「燕」「韓」の軍勢が各対象に率いられる構造となっています。

「趙国」李牧


出典:https://entame-blog-second.com

今回の合従軍の仕掛人であり、趙国三大天です。

現段階で中華最高の知力、戦上手の1人ですね。

上記の通り、合従軍においては参謀として、現場の総指揮にあたっています。

合従軍を組織する前には七国同盟を提案するなど、侵略戦争よりも中華の平和を重視している描写もあります。
 
 
王騎を敗死させた人物であり、信からは目の敵にされています。

主人公から見た大ボスですが、ここまでヒール感がなく、祖国のために力を尽くしているキャラクターは珍しいかもしれませんね。

「楚国」春申君


出典:https://masaru-tomoyume.hatenablog.com

上記の通り、合従軍全体の「総大将」を務める、戦国四君最後の1人にして大国「楚国」の宰相です。

大戦略や指揮は基本的に李牧に委任されており、あくまで合従軍のトップとして先頭に立っています。
 
 
人物としては口が悪く、常に険しい顔をしています。

楚国内での信頼は絶大で、他国の曲者たちも一目置いているような人物です。

 

【キングダム】各国のエース!総大将一覧

出典:https://ameblo.jp/

合従軍は国の威信をかけた戦いですので、各国第一将を送り出しています。

その中で総大将となる武将たちはどれもくせがあり、今後も秦の強敵として立ちはだかるであろう人物も登場しています。

それでは各国の総大将をみていきましょう。

「趙国」慶舎(けいしゃ)


出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com

「趙の総大将は李牧じゃないの?」を思われるかもしれませんが、李牧はあくまで全体の指揮に回っていますので、趙国軍を現場で率いたのは慶舎となります。

彼は物静かな人物ですが、麃公と同じ「本能型」の武将です。

「沈黙の狩人」というあだ名も付いているように、相手を知らず知らずのうちに罠にはめ、殲滅する戦法を取ります。
 
 
同じ本能型だからこそ、麃公の考えを読むことができ、麃公軍へ大打撃を与えました。

「楚国」汗明

出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com

「楚の巨人」の異名をとる偉丈夫です。

過去には六大将軍の1人、王齕に打ち勝ったこともあり、その強さが協調されていました。

「つまらぬ、だ」の表情は覚えている方も多いのではないでしょうか?
 
 
作中では秦屈指の猛将である蒙武を圧倒します。

蒙武を相手に重傷を与えるものの、蒙武も覚醒したことで力は互角になり、最後は限界まで互いに打ち合い、打ち取られてしまいます。

汗明が破れたことは合従軍全体に衝撃を与え、函谷関を抜けなかった一因でした。

「魏国」呉鳳明(ごほうめい)


出典:https://entame-blog-second.com

「魏国」の総大将は過去に麃公が打ち取った呉慶の息子である呉鳳明です。

呉鳳明は「知」の武将であり、特に兵器を用いた攻撃を得意としています。

あと一歩で函谷関を抜くところまでいきますが、桓騎の機転によって防がれてしまいますね。
 
 
合従軍戦後も魏国の第一将として存在感を発揮しており、今後も信たちに立ちはだかる強敵として描かれています。

合従軍編では今後のための顔出しの要素もあったかもしれませんね。

「燕国」オルド


出典:https://bibi-star.jp

「燕国」の総大将はオルドという豪快で自信たっぷりの人物です。

山岳族の王という紹介があり、山での戦いを得意としている武将です。

合従軍の戦いでは対面の王翦にいいようにやられてしまい、見せ場なしという状態でした。

現在(2020年8月)もまだ打ち取られた様子はありませんので、今後の活躍に期待がかかる将軍ですね。

「韓国」成恢(せいかい)


出典:https://comic-info.jp/

合従軍の中では一番勢力の小さな「韓」では毒物を扱う成恢が総大将として出陣しています。

毒の研究をしていった結果、全身不気味に変貌しています。

以前は美男子だったという設定の人物です。
 
 
戦場での活躍では、函谷関を守る張唐へ毒を入れることに成功するも、早々に打ち取られてしまいます。

その後、張唐も死亡するため、秦の主力武将を道連れにしたことは評価できますが、韓は他に成恢レベルの武将はおらず、合従軍でも存在感が小さいものとなってしまいます。

 

【キングダム】まだまだいる主要キャラ!将軍!まとめて紹介

出典:https://animezaka46.com/

5カ国も集まった合従軍にはまだまだ多くのキャラクターが登場しています。

この戦いで姿を消した武将もいれば、今後の因縁を残していった武将もいます。

キングダムの今後の展開を予想する上でも大きな転機となる戦いでしたね。

国ごとにまとめて紹介していきます。

趙国

合従軍の仕掛人たる李牧の所属する趙国。

何度も秦と戦っており、すでに登場した武将が多く参戦しています。

龐煖


出典:https://entame-blog-second.com

まずは趙国三大天の1人、龐煖です。

龐煖は三大天でありながら軍の指揮はせず、急に現れては無双して帰っていくという、災害のようなキャラクターです。
 
 
今回の戦いでは李牧の離隊に気づいたを麃公(ひょうこう)打ち取り、蕞攻めにおいては信と一騎打ちをします。

麃公(ひょうこう)が自らの命と引き換えに龐煖の片腕を折っていたこともあり、信から強烈な一撃を受けて引くこととなります。

実は史実でも龐煖が蕞を抜けなかったため、それに乗っ取ったエビソードですね。

楚国

戦国七雄屈指の強国として描かれている楚国からは、総大将の汗明含めて、3軍で構成されていました。

そのほか、信と今後戦うことになりそうな同年代の武将も初登場しています。

臨武君


出典:https://manga-netabare-kanso.com

楚国の第一陣将です。
後の紹介する項翼や白麗の兄貴分として描かれています。
 
 
臨武君自身、己の力に絶対的な自信を持っており、録嗚未に対して優勢に戦います。

その際に「なぜ楚が強いのか?」という裏付けの説明もありましたね。

人口も多い楚国では、そもそも将軍になるのも本当に選ばれた人間だけである!という理論です。
 
 
最終的には録嗚未のあとに来た謄に打ち取られることとなりますが、謄でようやく倒せる強さ、ということで、楚国の力を見せつけた最期とも言えますね。

禍燐(かりん)


出典:https://entame-blog-second.com/

「戦いの天才」と称される巨体の女性将軍です。

臨武君に次ぐ第二陣の将として登場しますが、開戦早々臨武君が打ち取られてしまうため、楚軍の主軍を張ることとなります。

主に謄と対峙し、その戦術で大いに苦しめます。
 
 
汗明、臨武君と主力武将が打ち取られた楚国の中では最も戦果を挙げた武将でしょう。

春申君の暗殺の後は李園と手を組み、戦のわかる宰相として君臨します。

今後も大きく出番のあるキャラクターでしょう。

項翼


出典:https://comic-info.jp/

妖刀獏良刀を操る千人将で、信と同年代の武将です。

目立った戦果はありませんでしたが、謄と切り結ぶなど、高い潜在能力を秘めていることを感じさせます。
 
 
「楚国」で「項」というとどうしても秦を滅ぼすことになる「覇王 項羽」を連想させますね。

つながりは不明ですが、今後の楚国攻めで信の敵役として再登場することは確実でしょう。

白麗


出典:https://wakaentertainment.com

項翼と同じく楚国の若手千人将です。

秦でいう信、王賁、蒙恬のような関係性ですね。

弓のスペシャリストで戦場でも特に危険な能力を持つ武将の一人です。

白麗も恐らく楚国攻めの際には、出世をした姿で出てくるでしょう。

残念ながら、「魏」「韓」「燕」にはこれと言ってインパクトのある将軍はいませんでした。

今後秦が攻める際に新たなキャラクターも出てくるのではないでしょうか。

 

おわりに

出典:http://www.saikyo-jump.com/

ここまで合従軍サイドの武将たちを紹介しました。

秦と因縁の深い趙国だけでなく、楚国もタレントが豊富な印象を受けますね。

続々ともたらされる進軍の報告は絶望感たっぷりで、昌文君の表情がすべてを物語ってしました。

それにしても、この陣容を退けた秦の将軍たちの力も相当なものですね。
 
 
合従軍編は千人将時代のクライマックス且つ、今後のライバルたちの顔出しもかねていた、作中でも重要な戦いでした。

今後描かれる大戦や、再登場する武将たちはとても楽しみですね。

 

 

【キングダム】の最新刊・好きな巻・最新話を無料で読むなら『U-NEXT』

  • キングダムの最新刊 65巻
  • キングダム 65巻の続き(702話以降)
  • キングダムの好きな巻

は、『U-NEXT』を使い、
今すぐ無料で読むことができます!
※期間内解約ありのため、最終料金”0円”。

現在TV放送中4シリーズの内容が分かる「34巻以降」や

本来なら読むことができない「次巻65巻の続き」も読むことが可能です!

無料期間 31日間無料
読める巻数 1巻無料
貰えるポイント 600pt
配信価格 459円
途中解約

無料登録後すぐに600ptが貰えるため、簡単に今すぐ好きな巻を読み始めることができます。登録方法や解約方法が非常に簡単なので、最短時間で読み始めたい方におすすめです。

1~3分で簡単に登録&解約可能 /
今すぐ無料で読む

※好きな巻が読めるのに31日以内に解約で無料!