キングダム

【キングダム】王騎は本能型と知略型どっち?強さの秘訣を考察

王騎は、伝説の六大将軍のひとりで、その名が大陸全土に轟くほどです。

そんな王騎ですが、何故六大将軍になることができ、唯一の生き残りとして活躍することができたのか?

武将として必要な強さかがあるからなのか?それとも頭脳なのか?強さの秘訣について考察していきたいと思います。

【キングダム】王騎は本能型と知略型どっち?

出典:https://www.kyoudoublog.com/

王騎が本能型と知略型のどちらかと言うと、本能型が相応しいと思います。

その理由は、戦場において最前線で戦いながらも、生き残ることができたからです。

知略型の武将のほとんどは、最前線では戦いません。

 

後方から指示出しをして、本陣で構えているのがほとんどです。

王騎は、自らの軍の士気を高めるために、常に自分の戦う姿を見せています。

 

それを見ることで、部下は命を惜しむことなく、王騎のためならばと身を捧げる覚悟ができているのです。

実際に軍として敗北しそうな状況でも、王騎が道を切り開くように戦うことで、士気を高めて好機に転じる場面もありました。

【キングダム】王騎の強さの秘訣を考察

出典:https://manga-netabare-kanso.com/

王騎の強さの秘訣ですが、日々の努力を重ねているところにあります。

自らの武器である大矛を振るい鍛錬していますし、大将軍だからといって動かないで何もしないということがありません。

 

戦場に身を置くことで、危険と隣り合わせにして、自らを刺激しています。

そして、もうひとつは、人徳者だというです。

大将軍になれば多くの人間を引っ張っていかなくてはなりません。

 

王騎は、自分の周りにいる人間を大事にすることを心がけているので、多くの人間が王騎のためならば!と動いてくれるのです。

努力と人徳者であることが王騎の強さの秘訣だと思われます。

【キングダム】王騎の戦い方

出典:https://kingdom-comic.com/

王騎の戦い方ですが、周囲の状況や戦況を見てから、動くようにしています。

本能型ではありますが、経験則から考える戦略というものも多く持っているのです。

そのため、このような場面なら、どのように構えたほうが良いか、攻めた方が良いかを知っています。

 

圧倒的な力を持っているからといって、無策で突っ込んでは討ち死にしてしまうので、冷静に見極めてから動く!というのが王騎の戦い方となるでしょう。

そして、もうひとつが相手の士気を下げるという戦い方もします。

 

敵武将だけを狙って切り伏せることで、戦況をひっくり返したり、戦を終わらせてしまうのです。

敵武将が討たれれば、敵の士気は下がり、無駄な殺し合いを避けることにも繋がります。

【キングダム】王騎の戦における考え

出典:https://nambuhirokazu.com/

王騎は戦というものに対して何を考えているのか?

国のことや戦っている部下のこともそうですが、巻き込まれたりしている人間のことも考えています。

戦はそこだけで終わりという訳ではありません。

 

戦いに敗れた人間がその後どうなるのか?戦場に巻き込まれた町や村、城の戦いと関係のない人間はどうなるのか?というところも出てくるのです。

戦に勝利することは不可欠ですが、その後のことも含めて王騎は考えてもいるので、戦を点で考えるのではなく、線で考えています。

そして、全部の人間がより良い暮らしができる国創りに貢献したいと考えているのです。

まとめ

出典:https://www.pinterest.jp/

王騎の強さは、各国の武将の中でもトップクラスです。

そんな王騎は、本能型か知略型のどちらかで判断すると、本能型と言えるでしょう。

その理由は、最前線で戦うことを優先しているので、本能型でなければ厳しい状況を生き抜くことが無理だからです。

 

しかし、経験から戦況を読んで動いたりもするので、冷静な部分もあります。

本能と経験則から戦を勝利に導くことができる王騎ですが、最前線で戦っているからこそ、部下の士気を高めることに繋がっているのです。

六大将軍唯一の生き残りである理由が、ここに集約していると言えるでしょう。