【ジョジョ】イギーの最後が悲惨すぎる?スタンド能力や強さ、活躍も!

イギーは、ジョジョ3部に登場した犬です。

まさかの犬のスタンド使いということで、役に立たないのではないか?とも思われましたが、意外にも重要な役割も果たしています。

ディオの腹心である鳥のスタンドペットショップとの戦いや、ヴァニラアイスとの戦いでイギーの強さを見せました。
 
 
そんなイギーですが、最後が悲惨すぎる?とも思われています。

イギーのスタンド能力や強さ、活躍を含めて最後もしっかりと紹介していきます。

【ジョジョ】イギーのスタンド能力や強さ

出典:http://jojo-animation.com/

イギーの強さやスタンド能力はどのようなものでしょうか?

イギーのスタンドは「ザ・フール」で、砂でいろいろな形を作り上げることができます。
 
 
砂を固めて硬度を強くしたり、さらさらの状態で動きを流したり、相手を捕らえることも可能です。

その他にも羽を出して飛ぶこともできるので、空中戦もできます。
 
 
空条承太郎を載せてかなりの距離を飛行していたので、イギー単体なら数キロ先まで飛ぶことができるでしょう。

攻撃力というところでは、パワーがそれほどは強くないので、一撃で相手を仕留めることは難しいです。

【ジョジョ】イギーの活躍

出典:href=”https://frequ.jp/

イギーの活躍は、初登場のンドゥールとの戦いから始まります。

ンドゥールは、水のスタンドで音を探知して攻撃するという戦い方だったので、イギーの砂のスタンドで音をかく乱させたり、空を飛んで無音で本体に近づくことができました。

承太郎がイギーを利用した形での戦いとなりましたが、ンドゥールに勝利するにはイギーのスタンドが無ければ難しかったでしょう。
 
 
次の戦いは、同じ動物対決となり鳥のスタンド使いとでした。

敵のペットショップは氷を扱う能力で、イギーの片足を奪うことに成功するほどの強敵でもあります。

戦いたくないイギーでしたが、側にいた子どもが襲われそうになり助けるために自らを犠牲にして戦っていました。

出典:http://blog.livedoor.jp/

結果は、捨て身の攻撃が成功して相手を再起不能にすることに成功します。
 
 
最後の活躍は、ヴァニラアイスとの戦いです。

ここでは、ポルナレフとの共闘という形になるのですが、ヴァニラアイスの強さはふたりの想像を遥かに超えていました。

そのため力の差を感じて死ぬことを余儀なくされる状況となりましたが、ポルナレフを生かすために最後までスタンドを使い続けます。

そのお陰でポルナレフがヴァニラアイスを倒すこともできました。

【ジョジョ】イギーの最後が悲惨?

出典:http://jojo-animation.com/

イギーの最後はヴァニラアイスとの戦いにありました。

ヴァニラアイスは、ディオに忠誠を誓った部下でもありディオのことを心のそこから尊敬しています。
 
 
そんなディオに化けて攻撃しようとしたイギーを見て、冷静さを失い、スタンド攻撃ではなく、何度もイギーを蹴りつけるという行動に出ました。

ヴァニラアイスのスタンド能力なら一瞬で殺すことも可能なのに、徹底的に痛めつけられたイギーは、そのまま死を待つしか無い状況となります。
 
 
そして、ポルナレフがヴァニラアイスに襲われて絶体絶命になった時に、最後の力を振り絞ってポルナレフを砂で守り力尽きました。

ヴァニラアイスにボコボコに蹴られて、ポルナレフを救うために死ぬ最後となりましたが、悲惨と言うよりも自らの指名を果たした見事の最後と言えます。

まとめ

出典:https://jojo.kakugen-manga.com/

イギーは、ジョジョの中でも珍しい動物のスタンドです。

しかも自らの意思をはっきりと持って行動しているので、他の動物のスタンドにもありません。
 
 
スタンド能力は砂の能力で、様々な使い方があるのでたくさんの可能性もあります。

そしてイギーの最後ですが、ヴァニラアイスとの戦いの中で、ポルナレフを生き残らせるために自らを犠牲にして死にました。

イギーは悲惨な最後というよりも希望を残した最後となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)