【キングダム】白起(はくき)の40万人生き埋めは本当?史実を徹底調査!

白起(はくき)はキングダムに登場するキャラクターの1人です。

物語開始時は既に亡くなっており、回想シーンでのみ登場しています。

白起は秦国六大将軍の筆頭で、六将の中で最強と称されています。

史実でも白起の残した功績は多く、中国・戦国春秋時代を代表する大将軍として語られています。
 
 
白起といえばキングダムの中でも語られている、40万人生き埋めエピソードがあります。

白起の残虐さがわかるこのエピソードは本当にあった出来事なのか?
 
 
今回は白起の40万人生き埋めが本当なのか史実を徹底調査してみました!

【キングダム】白起とは?

出典:https://comic-kingdom.jp/

白起は昭王(しょうおう)の時代に活躍した六大将軍の1人です。

その強さは元三大天・廉頗(れんぱ)らに「正真正銘の怪物」といわしめるほどです。

危険を冒すことはせず、相手がムキになればなるほど上手く避けてかわすという戦い方をします。
 
 
また、相手の心理を読み取ることに長けています。

築城の才もあり戦場に突如砦を出現させることもありました。
 
 
廉頗曰く王翦(おうせん)の戦い方と白起の戦い方は似ており、白起は王翦のような将軍だったと考えられます。

白起は残虐な一面も持ち合わせていました。

その代表的なエピソードが長平の戦いで起きた「40万人生き埋め」です。
 
 
40万人生き埋めの詳細は次の項で紹介します。

キングダムでの白起の最後は、史実と同じく自害とされていますが理由は明らかにされていません。
 
 
白起は史実にも活躍や功績が多く描かれており、六将筆頭のモチーフにされるのも納得です。

【キングダム】白起の40万人生き埋めとは?

出典:https://comic-kingdom.jp/

秦と趙の間で起きた大規模な戦、「長平の戦い」で秦国は勝利を収めました。

その戦で総大将を務めていたのが白起です。

趙軍は40万の投降兵がいたのですが、兵糧問題と投降兵の反乱を危惧した白起は、40万人全てを生き埋めにして殺すよう命じます。
 
 
いくら敵国の兵とはいえ無抵抗の人間40万人を生き埋めにするのは常人のメンタルではできません。

白起のメンタルの強さ、残虐性が伺えます。

この出来事は秦と趙の間に大きな軋轢を生みます。
 
 
趙の邯鄲で人質になっていた政は、邯鄲の人々から秦人というだけで酷い仕打ちを受けていました。

また、万極(まんごく)のような秦人に対する復讐、虐殺を生き甲斐とする人間を生み出してしまいます。
 
 
万極は実際に長平で生き埋めにされた投降兵の1人です。

運良く土の中から這い上がることに成功し、秦国に復讐を誓うのでした。

【キングダム】40万人生き埋めは本当?史実を徹底調査

出典:https://comic-kingdom.jp/

白起の40万人生き埋めが本当にあった出来事なのか史実を徹底調査してみました。

結論からいうと長平の戦い含め40万人生き埋めは実際にありました。

中国の歴史書「史記」によると、紀元前260年の長平の戦いにて勝利した白起は20万人もの投降兵を賄う兵糧もなく反乱の恐れもあるため、生き埋めにしたとあります。
 
 
漫画「キングダム」と40万か20万の人数の違いはありますが、理由を含め実際に起きた出来事となっています。

今でも長平を発掘すると人骨が出てくるようで、現在も調査が進められているようです。
 
 
史実ではこの出来事を期に白起は秦国上層部に目をつけられ、自害へと追いやられることになります。

白起を含め六大将軍の最後が気になる方はこちらもどうぞ!

【キングダム】六代将軍の死因とは?6人の大将軍それぞれの最後まとめ!

2020.08.03

まとめ

出典:https://rekishiru.site/

本記事では白起の40万人生き埋めが実際に起こったことなのか、史実を徹底調査してみました。

史記には20万人と書かれていますが、それでもとんでもない人数ですよね。

未だ長平にはその爪痕が残っていることから、本当にあった出来事なんだと実感します。
 
 
白起がキングダムで残虐性の高いキャラとして描かれているのも、この出来事を考えれば当然ですね。

この記事を読んで白起やキングダムについて理解が深まれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)