キングダム

【キングダム】項翼(こうよく)は史実で実在したの?モデルの正体を考察

 

キングダムには、戦国の七雄と呼ばれる秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓の七つの国が登場し、それぞれが自国のために熱い戦いを繰り広げるのが大きな魅力の一つですよね!

戦国の七雄には、それぞれ強力な武将いて、これからの戦いがすごく盛り上がりそうな気がします。

戦国の七雄の中でも楚は、キングダムの作中で特に強大な国として描かれています。

 
しかし、今のところ楚の戦いは合従軍編で描かれたのみで、楚に所属する登場人物は他の国に比べて少ないです。

今回は、大国楚の軍の一員として登場する項翼(こうよく)について史実に実在するのか、モデルの正体を考察します。

 

【キングダム】項翼(こうよく)は史実で実在したの?モデルは?


出典:https://matome.naver.jp/

項翼は、楚軍に所属する若手で信と同世代としてキングダムに登場します。

信と同世代として登場していることから、信と戦場で激闘を演じる機会が今後あるかもしれませんね!

楚の若手として登場するキャラクターは、ほどんどが史実には登場せず、モデルが誰なのかはわからない人物です。

 
では、楚の若手として今後信と戦場で戦うことが予想される項翼は、史実にモデルが登場するのでしょうか?

項翼は、実在した人物がモデルではないようです。

 

【キングダム】項翼(こうよく)の正体とは?


出典:https://www.kingdomran.jp/

キングダムの作中で特に強大な国として描かれている楚には、項燕(こうえん)という人物が登場します。

項翼とは”項”の字が一緒ですね。

 
史実には実在しない人物である項翼の正体に関するヒントになってそうな気がしますね!

項燕とはどんな人物なのか振り返ってみます。

項翼と項燕の関係

項燕は、楚の大将軍としてキングダムに存在が記述されています。

しかし、キャラクターとしてはまだ登場していません。

合従軍編での汗明(かんめい)や媧燐(かりん)のセリフから存在が言及されているのみです。

ビジュアルなどはまだわかっておらず、現時点では正体不明の人物です。

 
函谷関の戦いで汗明が死亡した際、媧燐の序列が3位から2位に上がったと記述があることから、項燕は楚の筆頭武将であると考えられます。

項燕は、過去に汗明とともに、楚に攻め入った秦国六大将軍の一人・王齕に勝利していたことが汗明の回想で語れます。

王齕と直接一騎打ちしたのは汗明ですが、軍勢を撃退したのは項燕の軍略であると考えられます。

 
項燕は、楚の東側を拠点としているようで、春申君暗殺後の李園(りえん)と媧燐の会話の中で「東の大将軍」と評されています。

楚の東側は、斉や趙と国境を接していることから、作中ではまだ語られていませんんが、趙の三大天と戦ったこともあるかもしれませんね。

楚の西側は、媧燐が拠点としていることから、項燕が本格的にキングダムに登場するのは、秦が趙・魏・韓を滅ぼしたあとになりそうです。

 
項燕は、史実で実在している人物です。

史実では、信は項燕に大敗していることから、今後のキングダムで重要な役割を担ってきそうです。

項翼と項燕は”項”の字が、一緒のことから、ネットなどでは

項翼の正体は、項燕の息子なのではないか?

と言われています。

 
項燕は、秦の六大将軍である王齕と対戦していることから、六将と同じ世代の人物であると考えられます。

項翼は、信と同じ若手世代として描かれていることから、年代的には息子であってもおかしくはないですね。

 

まとめ


出典:https://fika-fika.net/

大国楚の軍の一員として登場する項翼(こうよく)について史実に実在するのか、モデルの正体を考察しました。

キングダムは、個性的で特徴のあるキャラクターが沢山出てきて、それぞれの持ち味が戦いを盛り上げてくれるのが大きな魅力の一つですよね。

キングダムでは、連載開始から今まで様々な戦いが描かれてきました。

 
現状では項翼が参戦した戦いは、函谷関の戦いのみですが、信と同世代であることや、項燕との関係を含めて考察すると、今後重要なポジションになってくるキャラクターだと考えられます。

項翼を筆頭に楚の武将たちがキングダムをどう盛り上げてくれるのか注目ですね。