キングダム

【キングダム】臨武君(りんぶくん)の強さとは?経歴や功績、知力、階級まとめ!

臨武君(りんぶくん)は、個性的な髪型と圧倒的な強さが特徴のキングダムに登場する人気キャラクターです。

合従軍編では、戦国の七雄の中でも最大の領土を誇る楚の将軍として登場し、
楚軍総大将の汗明(かんめい)が最も信頼している武将として描かれました。

 
合従軍編最大の見どころである臨武君と騰(とう)との一騎打ちのシーンは印象に残っている読者も多いのではないでしょうか?

そこで今回は臨武君にスポットをあてて強さ、経歴、功績、知力、階級などを解説していきたいと思います。

【キングダム】臨武君(りんぶくん)の強さや階級は?


出典:https://comicin.jp/

臨武君は、合従軍編で初登場しました。

初登場時から階級が将軍であることから、かなりの強さを持っていることが分ります。

 
百越という異民族と幾度となく戦った経歴を持っていて、多くの功績を残しています。

作中では、臨武君の身長に関して、かなりの巨体であることが言及されています。

 
函谷関の戦いで一騎打ちとなった騰よりほんの少しだけ身長が低いものの、全登場キャラクターでの中で臨武君より身長が高い人物は少数です。

巨体を活かした攻撃で、多くの敵を圧倒する姿が印象的でした。

 
臨武君は、白翠(はくすい)という妻をもっていることが作中で言及されています。

キングダムには結婚して子供や孫を持っているキャラクターが多く登場します。

王翦(おうせん)には息子がいますし、蒙豪(もうごう)は息子も孫も登場します。

 
しかし、結婚しているキャラクターでも、妻となった人物が登場するケースは非常に珍しいケースです。

妻の存在が、臨武君の強さを支えているのかもしれませんね!

【キングダム】臨武君(りんぶくん)の経歴や功績は?


出典:https://booksopinion-n.blogspot.com/

キングダムでは、連載開始から今まで様々な戦いが描かれてきました。

その中で、臨武君はどのような戦いに参戦して、どのような功績を残してきたのでしょうか?

作中での臨武君の経歴と功績を振り返りましょう。

 
合従軍編では、氾斗平原で迎撃に出てきた王騎軍と対峙し第5軍長を務めている同金を打ち取る功績を上げました。

函谷関の戦いでは、合従軍で最高の強さといわれた楚軍の先鋒を任されています。

 
王騎軍第1軍長の録嗚未(ろくおみ)を圧倒するも、騰に討ち取られその長い戦いの経歴に終止符がうたれました。

作中で参戦した戦いは、合従軍編のみですが、階級が将軍に上がるまでの過程で多くの戦いに参戦した経歴を持っていると考えられます。

【キングダム】臨武君(りんぶくん)の知力は?


出典:https://kingdom-kaitai.site/

キングダムに登場する将軍たちは、退却したと見せかけて反転攻勢にでたり、見つからないように進軍して奇襲をかけたりと様々な作戦を立てて戦いを勝利に導こうとします。

李牧(りぼく)や王翦など知力を武器にしているキャラクターは、このような作戦を立てるのが本当にうまいですね。

 
臨武君は、今まで参戦してた戦いで知力活かした計略を実行しているのでしょうか?

臨武君が参戦した合従軍編では、知力を使って計略を仕掛けるシーンはありません。

 
しかし、階級が将軍であることから、合従軍編以前の戦いでは、知力を使った戦術を駆使して戦っていたこともあったかもしれませんね。

また、戦国の七雄の中でも最大の領土を誇る楚では、兵士の絶対数が多いため競争が激しく、
将軍になるためには他国より環境が厳しいことが臨武君の口から語られています。

 
臨武君独自の理論ですが、物事をロジカルに考えることが出来る知力も持っています。

今のところ、楚との戦いは合従軍編でしか描かれていませんが、今後は楚から階級が将軍以上の猛者が登場するかもしれませんね!

まとめ


出典:https://note.com/

臨武君にスポットをあてて強さ、経歴、功績、知力、階級などを解説しました。

キングダムは、個性的で特徴のあるキャラクターが沢山出てきて、それぞれの持ち味が戦いを盛り上げてくれるのが大きな魅力の一つですよね。

 
臨武君は、合従軍編にしか登場してしませんが、戦国の七雄の中でも最大の領土を誇る楚にはまだまだたくさんの猛者が存在することを示してくれました。

今後、激化するであろう楚との戦いの中で、臨武君のような魅力的な武将が登場することを期待したいですね!