キングダム

【キングダム】人気キャラランキングTOP15!ファンが選ぶ投票第1位を手にしたのは!?

 

漫画「キングダム」は春秋戦国時代を舞台に、後の始皇帝である嬴政(えいせい)と天下の大将軍を目指す信の熱き物語です。

キングダムは登場人物が多く、魅力的なキャラがたくさん登場します。

そんな中でも読者から最も人気を誇るキャラは誰なのか?
 
 
今回は第1回キングダム総選挙の結果を元に、人気キャラランキングTOP15をまとめて紹介していきます。

キングダム総選挙とはヤングジャンプ主催で行われたキングダムの人気キャラクター投票です。
 
 
総勢206名のエントリーキャラクターの中から、ファンが選ぶ投票第1位を獲得したのはあの人気キャラでした!

 

【キングダム】人気キャラランキングTOP15!15位~10位

まずは人気キャラランキング15位~10位を紹介します。

第15位 輪虎(りんこ)

出典:https://fika-fika.net/

投票数

2454票

第15位は廉頗四天王の1人、輪虎でした。

登場時の圧倒的な強さと信との一騎打ちが印象深いキャラです。
 
 
既に死亡していて尚且、敵キャラということを考えると15位という結果はかなり高順位だと思います。

第14位 王翦(おうせん)

出典:https://entame-blog-second.com/

投票数

3055票

第14位は秦国将軍の王翦です。

並外れた軍略の才を持つ六将級の実力者ですが、自分の国を作りたいという危険思想を持っています。
 
 
未だその真意がわからない謎多きキャラです。

第13位 麃公(ひょうこう)

出典:https://xn--v8j5ercz82o4x4ay9rg2i.com/

投票数

4226票

第13位は本能型の大将軍・麃公です。

「突撃じゃああ」と「火を絶やすでないぞぉ」が有名な人気キャラです。
 
 
信の第2の師として様々なものを託しました。

麃公の生き様に心打たれたというファンも多いのではないでしょうか。

第12位 河了貂(かりょうてん)

出典:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

投票数

4303票

第12位は河了貂です。

信や政とは長い付き合いで、今では飛信隊の軍師を務めています。
 
 
また、信を意識しているヒロインの1人でもあります。

月日が経つに連れて可愛らしくなっていることもあり、人気キャラランキング第12位の座を獲得しました。

第11位 王賁(おうほん)

出典:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

投票数

4832票

第11位は信と同世代の将軍・王賁です。

登場時は感じの悪い嫌な奴というイメージが強かった王賁ですが、徐々に人間らしさが描かれるようになり人気が出てきましたね。
 
 
信とは相変わらず不仲ですが、徐々に飛信隊のことも認めるようになっています。

 

【キングダム】人気キャラランキングTOP15!10位~7位

ここからはいよいよTOP10です。

まずは第10位から第7位までを紹介します!

第10位 バジオウ

出典:https://kingdom-comic.com/

投票数

4904票

第10位は山の民のバジオウがランクインしました。

バジオウ楊端和(ようたんわ)の側近で、圧倒的な武力を誇る戦士です。
 
 
王弟反乱編から登場している古株で、その強さや楊端和に対する忠誠心が魅力的なキャラです。

人気キャラとしての素質は兼ね備えていますが、まさかTOP10に食い込んで来るとは思いませんでした。

第9位 昌平君(しょうへいくん)

出典:https://xn--v8j5ercz82o4x4ay9rg2i.com/

投票数

5318票

第9位は秦国軍総司令の昌平君です。

キングダム屈指のイケメンキャラで、知略はもちろんのこと武力にも秀でているというハイスペックなキャラです。
 
 
活躍場面は多くないですが、持ち前のルックスで女性票を大量に獲得していると考えられます。

第8位 嬴政(えいせい)

出典:https://customize-your.com/

投票数

5928票

第8位は秦国王・嬴政です。

主人公の1人ですが、国王という立ち位置故に武将キャラと比べて出番が少ないため、8位となりました。
 
 
ただでさえ人気キャラの多いキングダムの中で、出番が少ないながら第8位の座を獲得しただけでも大金星です。

主人公の威厳は保てたのではないでしょうか。

第7位 騰(とう)

出典:https://xn--v8j5ercz82o4x4ay9rg2i.com/

投票数

5959票

第7位は元王騎の副官で、現在は秦国大将軍を務める騰です。

武力と知略に加えユーモアも兼ね備えていて、戦場では録嗚未(ろくおみ)をイジり倒します。
 
 
飄々としている他のキャラとは一風変わった騰ですが、六将・王騎を傍らで支え続けた実力は本物です。

実力・性格共に申し分ない魅力を兼ね備えているので、第7位という結果も妥当な気がします。

 

【キングダム】人気キャラランキングTOP15!6位~4位

ランキング第6位~第4位を紹介します。

ここからは人気キャラの中でも群を抜いているメンバーが勢揃いです。

第6位 桓騎(かんき)

出典:https://fika-fika.net/

投票数

7617票

第6位は元野盗こと桓騎です。

悪のカリスマで残虐非道な桓騎ですが、戦の天才で六将級の実力者といわれています。
 
 
男でもドキッとしてしまうようなイケメンで、男女問わずファンが多いです。

桓騎のルックス・実力・実績を考えると第6位という結果も納得できます。

第5位 楊端和(ようたんわ)

出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com/

投票数

8445票

第5位は山界の王・楊端和です。

キングダム屈指の美貌の持ち主でありながら、武勇にも秀でている非の打ち所がないキャラです。
 
 
合従軍編では北のバンコ族との決戦中であったのにも関わらず、秦国を救うために援軍として駆けつけてくれたり義理堅い性格をしています。

実力・人柄共に第5位に相応しい人気キャラです。

第4位 蒙恬(もうてん)

出典:https://blog.goo.ne.jp/

投票数

9469票

第4位は信と同世代の若手将軍・蒙恬でした。

戦場では広い視野で戦況を見極める切れ者です。

知力が高く、軍略の才もあります。
 
 
イケメンで人当たりの良いキャラとして人気を誇っています。

個人的には蒙恬が人気なのは納得ですが、第4位まで食い込んできたのは意外でした。
 
 
女性ファンに人気が高そうですし、女性からの投票が多かったのではないかと考えています。

 

【キングダム】人気キャラランキングTOP15!3位~1位

いよいよランキングベスト3の紹介です。

第3位以上は全員1万票以上を獲得していて、第4位とは大きな差をつけています。
 
 
総勢206名のキャラクターの中からファン投票によって第1位を手にしたのは…!

第3位 信

出典:https://constella.jp/

投票数

12620票

第3位はキングダムの主人公・信です。

少年誌漫画の人気投票で主人公が1位を取れないのはあるあるです。

それでもしっかりとベスト3に入っているあたり、信もしっかりと人気があることがわかります。
 
 
やはり1巻から信の成長を見てるいると愛着が湧きますよね。

魅力的なキャラが多いキングダムですが、何だかんだ信が好きという気持ちはわかります。
 
 
実力や活躍も申し分なく、文句なしの第3位です。

第2位 王騎

出典:https://ameblo.jp/

投票数

14202票

第2位は我らが天下の大将軍・王騎です。

六大将軍最後の1人で、信の目標としている大将軍でもあります。

復帰戦である馬陽の戦いで討たれてしまいますが、信に自らの矛と意志を託します。
 
 
王騎はキングダムを読んで好きにならない人はいませんよね。

それほどの人気キャラです。
 
 
16巻と序盤で死んだキャラにも関わらず、主人公を抑えてのランキング第2位は衝撃的です。

王騎がいかにファンに感動と影響を与えたかがわかります。

第1位 羌瘣(きょうかい)

出典:https://www.pinterest.ru/

投票数

17312票

念願の第1位は飛信隊副長兼ヒロインの羌瘣です。

なんと2位の王騎と3000票も差を付けて第1位となっています。

羌瘣は人間離れした剣技で武力はもちろん、軍略の才もあり河了貂に次ぐ参謀としても活躍しています。
 
 
登場時は復讐のためだけに生きていた羌瘣でしたが、信や飛信隊の面々達と出会い自分の居場所を見つけることができました。

徐々に人間らしさが描かれるようになり、ヒロインとしての可愛らしさがみられる時もあります。
 
 
信に並ぶ武力を持ちながら時折見せる可愛らしさのギャップが羌瘣の人気の秘訣だと考えています。

 

まとめ

出典:https://entame-blog-second.com/

今回は第1回キングダム総選挙の結果を元に人気キャラランキングTOP15を紹介しました。

ファン投票により見事第1位に輝いたの羌瘣でした。

羌瘣は武将としてはもちろん、ヒロインとしても大活躍しているので納得の第1位です。
 
 
個人的には蒙武や蒙驁がTOP15に入っていなかったのは意外でした。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。