【フェアリーテイル】ゼレフの正体とは?悲しい過去や不老不死の理由、目的まとめ

ゼレフはフェアリーテイルの中でも最強と名高い黒魔道士です。

物語の初期から名前はちらほら出ていましたが、ほとんど謎に包まれていました。

そんなゼレフですが、物語の中盤から終盤にかけてその謎が徐々に解明されていきました!
 
 

この記事では、ゼレフの正体や、悲しい過去、不老不死になった理由や目的について解説していきますね。

【フェアリーテイル】ゼレフの正体とは?

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com/

物語の初期では、最強の黒魔道士としてゼレフの名前が初登場します。

しかし、ゼレフは黒魔道士としての一面だけでなく、様々な主要人物として登場します。

ここからは、ゼレフの正体について解説しますね。

最強の黒魔道士

すでに紹介したように、ゼレフは最強の黒魔道士としての呼び名が高いです。

ゼレフが開発した黒魔法は、どれも強力で危険なものが多いのです。

以下にゼレフによって生み出された黒魔法および一部の悪魔をまとめてみました。
 
 

黒魔法

  • 呪歌ララバイ…笛の音を聞いたものを呪い死に至らしめる
  • Rシステム…死んだ物を生き返らせる。
  • エクリプス…過去や未来へ行ける
悪魔

  • デリオラ…不死の悪魔、グレイの村を襲う
  • マルド・ギール…冥府の門を設立
  • E.N.D…ゼレフが作った最後の悪魔

 
 

黒魔道士としてのゼレフを求める者は多く、作中ではジェラールがRシステムを使ってゼレフの復活を目論んだり、悪魔の心臓 (グリモア) ハートが、ゼレフの力で魔導士だけの世界の創造を計画していました。

また、ゼレフ書の悪魔で構成された冥府の門 (タルタロス) では、生みの親であるゼレフに会うことを目的とされていました。

現代ではゼレフは死んだと考えられており、ゼレフを崇拝する達は、ジェラールのようにゼレフ復活を目指して儀式を行っているようです。

アルバレス帝国でのゼレフ


出典:https://prtimes.jp/

最終章で登場するアルバレス帝国に君臨するのが皇帝スプリガンです。

実は、スプリガンはゼレフ自身でした。
 
 

建国の目的は、アクノロギアとやがて戦うための戦力を揃えるためだったのです。

アルバレス帝国は、メイビスが不死になった頃から建国が進められており、西の大陸にあったすべての魔導師ギルドを統一して建国されています。
 
 

そのため、スプリガンとしてのゼレフは武人としての評価も高いようです。

幹部であるスプリガン12 (トゥエルブ) や参謀は、後述するゼレフの呪いについて知っているようですが、スプリガンとしてのゼレフは、アルバレス帝国の部下を駒としてしか見ていないため、呪いが発動することはないと語っています。

【フェアリーテイル】ゼレフの悲しい過去と不老不死の理由

出典:http://blog-imgs-26.fc2.com

ゼレフは作中で不老不死として知られています。

これは、ゼレフの悲しい過去に深く関連しています。
 
 

ゼレフは、かつて弟がいましたが、幼い頃に村がドラゴンに襲われて両親と共に弟も亡くなってしまいます。

ゼレフは、亡くなった弟を蘇らせたくて魔術学院にて生死を操る黒魔術の研究に没頭します。
 
 

その際に彼が開発した黒魔術は、Rシステムや、エクリプスなどの物語中の中心となった魔法もありました。

周囲が止めるのも聞かずに、生死を操る黒魔術の研究を続けていた結果、ゼレフはアンクラセムの呪いに掛かってしまいます。

以降ゼレフは、不老不死になり、さらに命を愛おしいと思うほど周囲の命を奪ってしまうようになってしまったのです。
 
 

このような悲しい過去があり、ゼレフは不老不死となっているのですね。

【フェアリーテイル】ゼレフの目的まとめ

出典:http://stat.ameba.jp/

ゼレフは悲しい過去の出来事から、不死になってしまいます。

ゼレフはそのことについて、永年苦しんでいました。
 
 

そのため、ゼレフはやがて自身の死を望むようになります。

つまり、ゼレフの目的は一貫して自身の死でした。
 
 

ゼレフは自身に死を与えるために、いくつかの方法を試みました。

それらを以下にまとめてみました。
 
 

  • ゼレフ書の悪魔を作成
  • ネオ・エクリプスの発動を試みる

 
 
ゼレフ書の悪魔を作成した理由は、人外の力で自身を破壊できないか考えたためでした。

しかし、満足のゆく結果は得られなかったようです。
 
 

ネオ・エクリプスは、別世界の過去へ行く魔法で、この魔法によって自身が不死身となる前へ、弟が無くなる前の世界に戻ることを目指しました。

このネオ・エクリプスはフェアリーハートの魔力を必要としていました。
 
 

そのため、アルバレス帝国がフェアリーテイルへ戦争を仕掛けたのはそういった理由があったからなんです。

これらの試みは結果としてすべて失敗していますが、物語の終盤でゼレフの目的はメイビスによって達成しました。

まとめ

出典:https://ranking.net

今回はゼレフの正体や、悲しい過去、不死身の理由と目的について解説を行いました。

ゼレフは、最強の黒魔術師としてだけではなく、アルバレス帝国の皇帝、ゼレフ書の悪魔の生みの親など様々な正体を持っていました。
 
 

また、ゼレフが不死身となった理由は、亡くなった弟を蘇らせたいという悲しい過去を持っていたことに関連していました。

不死身となったゼレフは、自身の死を強く望むようになり、自分を死がゼレフの目的になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)