キングダム

【キングダム】羌瘣(きょうかい)の蚩尤は実在した?史実に書かれていた!

 

漫画「キングダム」で蚩尤(しゆう)は最強の暗殺集団、またそのトップが襲名する名前として描かれています。

羌瘣(きょうかい)も蚩尤の後継者候補でしたね。

ここで気になるのが、蚩尤と呼ばれた人物が実在したのかどうか?
 
 
この記事では、史実としていくつかの史書に書かれている蚩尤の正体を解説します。

 

【キングダム】蚩尤が登場したのはいつ?


出典:https://chahoo.jp/

中国史で考古学的に実在が確認されている最古の王朝は、殷とされています。

殷より前の王朝は、書物には記されていますが実在した根拠となる資料が発見されていないので、伝説や神話として扱われています。

蚩尤は、三皇五帝(さんこうごてい)時代と言われている神話の中に登場する人物です。
 
 
その姿は人間の体に雄牛の頭、目が4つあり腕は6本、足には牛の蹄があるという異形の姿。

勇敢で忍耐強いが野心もあり、三皇五帝の一人である黄帝から王座を奪うために激しく争ったと「山海経」に書かれています。

 

【キングダム】羌瘣(きょうかい)の蚩尤は実在した?

出典:https://industry-co-creation.com/

羌瘣は「史記」に登場する実在していた人物ですが、蚩尤は神話の中に登場する軍神です。

蚩尤が戦った、黄帝をはじめとする三皇五帝も、実在した根拠になる資料がないので神話や伝説の類とされています。

しかし、「史記」をはじめ多くの史書に蚩尤についての記述があるので、神話の蚩尤に似た存在の人物が実在していた可能性はあります。
 
 
一説には、蚩尤は古代の部落連盟である九黎(きゅうれい)の首領であったとあります。

そうすると蚩尤の兄弟が81人いたというのは、81の部落があったという意味だと解釈できますよね。
 
 
蚩尤は三皇五帝の一人である黄帝と戦って敗れています。

神話の中では、負けた蚩尤は反逆者として怪物のように描かれてしまったのかもしれませんね。

 

【キングダム】羌瘣(きょうかい)の蚩尤は史実に書かれていた!

出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com/

蚩尤についての記述がある主な書物ををまとめてみました。

蚩尤に関する史書

●「山海経」・・・中国の地理書

●「史記」・・・中国の歴史書

●「呂氏春秋」・・・秦の呂不韋が食客を集めて共同編纂させた書物

蚩尤に関する物語

●「路史」・・・歴史的な事実と伝説や民間伝承が混ざっている

●「述異記」・・・中国の短編小説集

「山海経」には、黄帝に捉えられた蚩尤が手枷足かせをされたまま処刑され、その恨みが楓の木に宿り楓が紅葉するのだという記述があります。

その伝説から赤色は蚩尤を示すとされ、赤い旗は「蚩尤旗」として軍の士気を上げる役割を担ってきました。

劉邦も軍旗に「蚩尤旗」を採用し、軍の士気を高めたという史実があります。
 
 
「史記」では、蚩尤は戦斧、楯、弓矢など優れた武器を発明した戦の神であると書かれています。

「史記」は中国の歴史書とされているので、蚩尤に関する記述も史実と考えられます。

その他の史書にも蚩尤が様々な武器を発明したと書かれており、蚩尤が戦の神と言われるほど強い人物だったというのは史実と言えるでしょう。
 
 
キングダムにも登場した「呂氏春秋」。

「呂氏春秋」によると、蚩尤は兵器を発明したのではなく戦で活用しただけと書かれており、蚩尤が反乱を起こしたことで法による抑止が必要だと考えられるようになったとあります。

法による抑止という具体的な対策を考えるということは、蚩尤と呼ばれる強大な勢力が実在していた可能性があります。
 
 
「路史」には、蚩尤の姓が羌瘣と同じ「羌」であることや三皇五帝の一人である炎帝神農氏の子孫であると書かれています。

しかし「路史」は、伝説や伝承が混ざっていると言われているので、史実とは言えないでしょう。
 
 
「述異記」には蚩尤は超能力を持ち石や鉄を食べていたという記述があります。

また、同じ姿の兄弟が81人いると書かれており、キングダムに登場する暗殺集団、蚩尤が同じ衣装で戦う姿とオーバーラップしますよね。

「述異記」も歴史書ではなく物語なので、蚩尤についての記述は史実とは言えませんが、怪物のように強い人物をモデルにした可能性はありますよね。

 

【キングダム】羌瘣と蚩尤の関係は?

出典:https://ameblo.jp/

「路史」によると蚩尤の姓は羌瘣と同じ「羌」とされています。

また、蚩尤は「負けなしの軍神」として語られているので、キングダムの作中で人間離れした圧倒的な強さを誇る羌瘣のイメージと被りますね。
 
 
しかし、前述したように蚩尤は異形の者として語られています。

美少女設定の羌瘣とは容姿がかけ離れているのが不思議ですよね。

これは、現代の羌族のイメージが関係していると考えられます。
 
 
羌族(チャン族)は中華人民共和国の少数民族の一つで、華やかな民族衣装が特徴的で美人が多いことでも知られています。

羌瘣の民族衣装や美少女設定は、原先生が羌族(チャン族)からイメージを膨らませたのではないかと推測します。

 

まとめ

出典:https://kci-salon.jp/

羌瘣の蚩尤は、「史記」などの歴史書にも記述があるので、実在したかあるいはモデルになった人物がいることは間違いないでしょう。

史実として語られてきた蚩尤の人物像は、とにかく戦に強い人物というイメージです。

キングダムの登場人物、羌瘣も剣技はもちろん戦術にも明るい戦の天才ですよね。
 
 
歴史的背景を知ることで、キングダムでの羌瘣の活躍がますます楽しみになってきました!

 

 

【キングダム】の最新刊・好きな巻・最新話を無料で読むなら『U-NEXT』

  • キングダムの最新刊 65巻
  • キングダム 65巻の続き(702話以降)
  • キングダムの好きな巻

は、『U-NEXT』を使い、
今すぐ無料で読むことができます!
※期間内解約ありのため、最終料金”0円”。

現在TV放送中4シリーズの内容が分かる「34巻以降」や

本来なら読むことができない「次巻65巻の続き」も読むことが可能です!

無料期間 31日間無料
読める巻数 1巻無料
貰えるポイント 600pt
配信価格 459円
途中解約

無料登録後すぐに600ptが貰えるため、簡単に今すぐ好きな巻を読み始めることができます。登録方法や解約方法が非常に簡単なので、最短時間で読み始めたい方におすすめです。

1~3分で簡単に登録&解約可能 /
今すぐ無料で読む

※好きな巻が読めるのに31日以内に解約で無料!