呪術廻戦

【呪術廻戦】伏黒恵の術式・式神の種類一覧!名前や手の形、能力を解説

 

呪術廻戦の中でも、イケメン・クールで人気の高い伏黒恵(ふしぐろめぐみ)。

アニメ・漫画をみて、こんなことを思ってないでしょうか?
 
 
「伏黒の術式・式神が難しくて理解できなかった」

「確認したい伏黒の術式があるけど、漫画(アニメ)で探すのに手間がかかる」
 
 
この記事では、こんな悩みを解決できるよう、

  • 伏黒恵の術式・式神の種類一覧
  • それぞれの「名前」「手の形」「能力」

について分かりやすく・詳しく解説していきます。

では早速ですが、本題に入っていきましょう!

 

【呪術廻戦】伏黒恵の術式・式神について

出典:https://collabo-cafe.com

伏黒の術式は、禪院家相伝の術式の1つである「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」。

自分の影を媒介にすることによって、十種類の式神を使役するものです。
 
 
術者が最初に使用できるのは、2匹の「玉犬」のみとなっています。

その他の式神を使用するには、調伏の儀によってその式神を召喚し、手持ちの式神を使用して倒す必要があります。
 
 
調伏の儀には、以下のルールがあります。

・終了条件は、参加者が全滅する or 参加者によって式神が倒される

・儀式中は、参加者がどんなに傷つこうと死亡せず、仮死状態となる

・儀式中に仮死状態になっていた者は、終了条件が達成された時点で死亡する

・術者以外の者と儀式を行った場合、式神を倒しても調伏成功とはならない

・参加者以外の者が乱入して式神を倒した場合、儀式自体が行われなかったことになる

式神の条件としては、一度に最大で2種まで召喚できます。

そして、完全に破壊された式神は二度と使用できなくなります。

応用として、影のなかに武器を入れて持ち運んだり、影を落とし穴のようにすることもできます。

「十種影法術」のモチーフは、「十種神宝(とくさのかんだから)」と言われています。

史書「先代旧事本紀」に、天璽瑞宝十種(あまつしるしみずたからとくさ)と称されて登場する、霊力を宿した十種類の宝のことです。

以下のように、鏡2種、玉4種、比礼3種、剣1種と分類されています。

鏡:沖津鏡(おきつかがみ)

鏡:辺津鏡(へつかがみ)

玉:生玉(いくたま)

玉:死返玉(まかるかへしのたま)

玉:足玉(たるたま)

玉:道返玉(ちかへしのたま)

比礼:蛇比礼(へひのひれ)

比礼:蜂比礼(はちのひれ)

比礼:品々物之比礼(くさぐさのもののひれ)

剣:八握剣(やつかのつるぎ)

式神には、それぞれ対応する神宝のような紋様がついています。

 

【呪術廻戦】伏黒恵の術式・式神の種類(名前)一覧

十種影法術の式神を一覧にして、以下にまとめました。

  1. 玉犬 白・黒(ぎょくけん しろ・くろ)
  2. 蝦蟇(がま)
  3. 満象(ばんしょう)
  4. 大蛇(おろち)
  5. 鵺(ぬえ)
  6. 脱兎(だっと)
  7. 八握剣異戒神将 魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょう まこら)
  8. 不明(15巻時点)
  9. 不明(15巻時点)
  10. 不明(15巻時点)

十種影法術の式神10種類以外にも、拡張術式というものがあります。

拡張術式とは、十種影法術の式神を組み合わせたオリジナルの式神のことです。

伏黒が召喚できる拡張術式の式神は、以下になります。

  • 玉犬 渾(こん)
  • 不知井底(せいていしらず)

伏黒は、術式の最終段階である領域展開を使用でき、以下の名前です。

  • 嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)
 

【呪術廻戦】伏黒恵の術式・式神:手の形や能力を解説

ここでは、十種影法術の式神10種類を1つずつ詳しく解説していきます。

①玉犬 白・黒(ぎょくけん しろ・くろ)

出典:https://nandemo.blog

術師に最初に与えられる犬の式神2体。

戦闘だけでなく、呪いが近づいたら教えてくれたり、道案内もしてくれます。

しかし、白は両面宿儺によって、完全に破壊されてしまいました。
 
 
手の形は、犬の形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

②蝦蟇(がま)

出典:https://entame-life.com

カエルの式神。

長い舌を伸ばして攻撃します。

打撃力は低いですが、相手を拘束することができます。
 
 
手の形は、カエルの形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

③満象(ばんしょう)

出典:https://mitaiyomitai.com

ゾウの式神。

鼻から大量の水を噴出して攻撃したり、巨体を活かして相手を踏みつぶしたりします。

ただし、呪力消費が激しいため、一体しか召喚できません。
 
 
手の形は、ゾウの形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

④大蛇(おろち)

出典:https://zundad.com

巨大な蛇の式神。

大きな口を活かして、相手を噛んだりして攻撃します。

しかし、両面宿儺との戦闘で完全に破壊されてしまいました。
 
 
手の形は、蛇の頭の形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

⑤鵺(ぬえ)

出典:https://nan-blog.com

仮面をつけた怪鳥の式神。

帯電した呪力を用いて攻撃します。

また、翼を活かした防御や、空中の移動手段としても使用できます。
 
 
手の形は、鳥の形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

⑥脱兎(だっと)

出典:https://renote.jp

ウサギの式神。

攻撃力は低いものの、大量に召喚できるため、相手の錯乱に役立ちます。
 
 
手の形は、ウサギの形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

⑦八握剣異戒神将 魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょう まこら)

出典:https://jujutsu-netabare.com

歴代の十種影法術師が誰も調伏できなかった最強の式神。

対呪霊に特化した「退魔の剣」を用いて、呪霊を一撃で倒すことができます。

また、一度受けた攻撃の耐性をすぐにつくる、回復能力もあります。
 
 
手の形は、拳を突き出すよな形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

⑧~⑩不明(15巻時点)

残り3つについては、現時点(2021年7月)ではまだ作中に登場していません。
 
 
続いて、拡張術式の式神を解説していきます。

・玉犬 渾(こん)

出典:https://zundad.com

両面宿儺によって完全に破壊された白の力を、黒が受け継いだ姿です。

高い攻撃力と素早さを持ち合わせています。
 
 
手の形は、玉犬(白・黒)と同じく、犬の形を作ります。
 
 

・不知井底(せいていしらず)

出典:https://www.pinterest.jp

鵺と蝦蟇を合わせたもので、蝦蟇に羽が生えた姿です。

完全に破壊されても、鵺と蝦蟇が残っている限り何度も召喚できます。
 
 
手の形は、最初に鳥の形(鵺)を作り、その後にカエルの形(蝦蟇)を作ります。
 
 
最期に、伏黒の領域展開を解説していきます。

・嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

出典:https://kami-ranking.com

領域内では3体以上の式神が召喚でき、伏黒の攻撃が必ず当たるようになります。

地面一面を覆う影から分身や式神を作って攻撃したり、その中に潜って攻撃を避けることもできます。
 
 
手の形は、両手を組んで祈るような形を作ります。(以下参照)

出典:https://comic-emotional.com

 

まとめ:伏黒恵の術式・式神

出典:https://hclivings.com

今回は、伏黒の術式・式神を詳しく解説してきました。

術式・式神について、より理解が深まったのではないでしょうか?

知れば知るほど、伏黒を好きになっていきますよね。
 
 
また、今回紹介した術式・式神は、すべてではありません。

新たな術式・式神は、今後登場してくると思いますので、楽しみにしておきましょう!